トップページ > しつけブログ

メニュー画像1ブログBlog

トレーナー大塚の日々の出来事やしつけ教室や訪問しつけの様子などを書いています。

2月28日/nineくん

nineくんの写真

去勢手術を終え、だんだん本調子になってきているnineくんです。

近頃、活発さが増してベッドからテーブルへ乗ったりなど悪さをしているようです。
今まで出来ていた「まて」や「おいで」も出来なかったりとあったので今日はしっかりと復習を行いました。

犬のしつけは日々のトレーニングがとても大切です。今まで出来ていたことも練習をしていない期間が長いと出来なくなることもしばしばあります。
1日5分ぐらいでも全然大丈夫なので日々のしつけ頑張りましょう!

写真はトレーニング前に少し運動をということで近くの川土手で撮影しました!

2月26日/シェイリーくん

シェイリーくんの写真

今日は初訪問だったので、主に聞き取りを行いました。

パピヨンのシェイリーくん、7歳半の男の子です。
現在困っていることは「トイレ」と「体を触ると怒る」ところです。
どちらの練習もコツコツとした地道な練習が必要ですがその分、しっかりと直すことが出来れば簡単には崩れません。
年齢が7歳半なので多少時間がかかることが予想されますが、少しずつステップアップできるように練習していきましょう!

2月25日/ピグくん

ピグくんの写真

去勢手術などで少し間隔があいて久しぶりの訪問でした。

今日は「マテ」の練習をしました。
「マテ」は最初”その形を維持していると良いことがある”ということを教えます。
教え方は「おすわり」している間、繰り返しごほうびをあげていきます。

繰り返し練習していると、その形を維持しようとするのでそれから「まて」の号令と「OK」の解除の言葉を付けていきます!
ある程度維持できるようになってから「まて」の号令を付けることがポイントです♪

2月22日/nineくん

nineくんの写真nineくんの写真

今日は去勢後初のレッスンということでいつもとは違った内容として、いつもパピー教室で行っている内容をしました。

はしごやすだれの上を歩いたり、掃除機やコロコロの動きに慣れる練習、トンネルや椅子の下をくぐったり、ぜんまいおもちゃを眺めたり、傘に慣らしたりなど様々です。

nineくんは小さい体にしてとても積極的でトンネルには最初警戒していたものの、その他はどれも怖がることなく楽しんでました♪

2月19日/パピー教室

今日は天王寺どうぶつ病院にてパピー教室を開催しました!

チョコくんとアンちゃん、リリーちゃん、りょうまくんが参加してくれました。
4頭ともパピーらしく他のわんこに積極的に遊びに誘っていてとても楽しそうな雰囲気でした。
他の飼い主さんに触ってもらったり、ごほうびをもらったり、掃除機やかさに慣れたり、様々な材質の床を歩く練習をしたり、今日はお手にも挑戦しました。
まもなくみんな去勢手術ということで次回は未定ですが、抜糸まで済んだらまたトレーニングしましょう♪

2月18日/イヴちゃん

イヴちゃんの写真

以前からトイレのしつけをしてきて、現在はトイレサークルの入り口付近での失敗が多いとのこと。

これまで繰り返し成功体験を積んできているので今までのように全く違う場所での失敗は無くなりましたがあと一歩がつながらない様子。
ハウスへのイメージが悪いのも一つの原因としてあるので4面サークルの入り口部分の一面を取り外して様子をみることにしました。
これでも難しければ、もう一度成功体験を積ませることと、並行してハウスのトレーニングをしましょう。
4歳という年齢も関係していると思います。繰り返し練習していきましょう。

2月17日/くうくん

くうくんの写真

なかなか予定などが合わず約1か月半ぶりの訪問でした。

「常同障害」に近い症状が出ているくうくんは、現在”抗うつ薬”を飲んでいます。その薬の効果もあってか吠えが無くなり、多少の落ち着きが出てきました。
”抗うつ薬”は少しずつ良く効いてくるのでもう少し落ち着いたら、「おすわり」、「ふせ」をはじめ様々なトレーニングを入れていく予定をしております。
薬とトレーニングの平行は大変ですが、しっかりと直せるように頑張りましょう!

2月17日/パピーパーティ

今日は都島本通りどうぶつ病院にてパピーパーティーを行いました。

10頭のわんこが参加してくれ、犬種もトイプードルをはじめ、チワワやイングリッシュコッカ―、ゴールデンレトリバーなど様々でとても良い経験になったと思います。
様々な床の上を歩いたり、掃除機に慣らしたり、小さなお子さんからごほうびをもらったり、おすわりを教えたり、子犬によくある問題(トイレ・甘噛み)についてお話したり、他のわんこと遊んだりと内容も様々。
パピーパーティーは毎月行っていますので、病院に通われている方は是非ご参加ください!

2月17日/小梅ちゃん

小梅ちゃんの写真

今日は初めに新規の小梅ちゃんの訪問へ!

困っていることの聞き取りを行い、今回は主に「食糞」について動きなど説明させて頂きました。
食糞はまだまだしっかりとした原因が解明されておらず、その対処法も確立されていません。
小梅ちゃんは最初は興味本位に食べたことが、臭いや味、飼い主さんの反応などで習慣化されているようです。
人が声を発したりすると食べますし、近づこうとするものなら逃げながらうんちをするようです。

ごほうびが好きなのであらかじめ準備しておき、うんちをする体制になったら少し離れた場所へごほうびをばらまきそちらに気が向くかどうかを試してもらうことにしました。
この際、人は出来るだけ動かずに、声も出さないことが大切。ごほうびに気が向くのであればそのまま遠ざけることが出来ますね。

2月15日/nineくん

nineくんの写真

最近おしっこをトレーの端っこぎりぎりにすることが多いようです。

こういった場合、しっかりと真ん中あたりで出来た時だけごほうびをあげて褒めるか、端っこでするときには真ん中まで移動させて褒めるかです。
以前からマテの練習をしてもらっていて3,4歩まで離れることが出来るようになりました!これからマテを生活の様々な場面で使っていきましょう!

2月12日/チョコくん・杏くん揃って卒業!

チョコくんの写真杏くんの写真

チョコくんと杏くんが卒業です!

チョコくんはトイレがしっかりと出来るようになり、杏くんは2週間半ほど様子を見てもらっていましたが吠えることがないということですので卒業となりました。
2頭共にしっかりと問題が解決されて私はほっとしています。
犬のしつけは終わりではありません。継続していくことが何よりも大切でまた、難しいものです。
しっかりと継続して再び問題とならないように予防しましょう♪また何かありましたらご連絡を!

2月11日/イヴちゃん

イヴちゃんの写真

2週間ぶりに訪問致しました。今日からしっかりと直していきましょう。

今日はチャイムの練習を行いました。チャイムが鳴ったらすぐに名前を呼んでごほうびをあげます。
繰り返し練習することでチャイムとごほうびを関連付けてチャイムが鳴るとこちらを気にするようになります。
以前からハウスに入る練習をしてもらっていて、スムーズに入れるようになっていたので、チャイムが鳴ったらごほうびをあげて、次にハウスをさせるところまで行いましたがとてもスムーズにいきました。
日頃からこの流れを繰り返し練習して実際に来客があった時にも同じように対処できるようにすることが大切です。
イヴちゃんは「アボアストップ(スプレー機)」が効きますが、出来るだけ頼らずにごほうびを使って流れを教えましょう。

2月11日/モカちゃん

モカちゃんの写真

今日が初訪問のモカちゃんです。

ベランダの扉を開けたり、物干しを見ると興奮して吠えたり、それを止めようとすると噛みます。
また、寝ている時にもおもちゃを持ってきては吠えたりするようです。
どちらも興奮していなければすることがないので、いかに興奮を遮断するかですが、今日は試しに「アボアストップ」を使ってみることにしました。

最近よく登場しますが、それだけ”吠える”問題で悩まれている方が多いのが現状ですし、吠えは周りの地域住民の方にも関係してくるので一刻も早く直したいですよね。
吠えを直すためにはまずは吠えることを遮断しなければなりません。遮断する方法は様々ですが、私がその中でも「アボアストップ」を使うのは吠えた瞬間に噴射されるため犬に分かりやすいという点と、飼い主さんが直接危害を加えるわけではないので飼い主さんに対して嫌なイメージが着きにくいということです。
モカちゃんには効果がありました。ただ、慣れるのも早そうです。効果のある間に吠えていたシチュエーションで吠えなければ繰り返し褒めることが大切です。
次回訪問まで練習頑張りましょう!

2月6日/ジョンくん

ジョンくんの写真

今日の訪問中「飼い主さんのいる時にいたずらをする」というお話を聞きました。
飼い主さんのいる時に物を噛んだりするそうです。

いたずらに関してですが、犬によっていたずらの内容やするタイミングは様々で、飼い主さんがいる時にする犬もいればいない間にする犬もいます。

飼い主さんがいる間にいたずらをする犬は多くの場合「要求」が挙げられます。
要求の内容は様々(飼い主さんに相手をしてほしい、発散したいなど)ですが、そういったいたずらをよくするのであれば、いたずらへの対処ももちろん大切ですが、まずは上手に要求を満たしてあげることが大切です。
「いたずらをすると飼い主さんが相手をしてくれる」と思っていることが多いので、いたずらをする前に要求を満たしてあげることで要求を抑えることが出来ます。

散歩したり、一緒に遊んであげたり、発散できる一人遊び用のおもちゃを置いておくことはもちろん、こちらが相手を出来ない場合はお家の中でもリードなどを使って行動範囲を制御することも大切です。いたずらする物が決まっていて、動かせるようなものであれば犬のいる時間には手の届かない場所に置くなども大切です。

まずは環境を整え、要求を満たすところから始めましょう。

2月3日/体験教室

体験教室の写真

今日の体験教室にはシュナウザーのコロくんが参加してくれました。

これから教室で「まて」や「横につく」ことが出来ることが目標のコロくんですが、今日はお家で困っている「ブラッシング」と「要求吠え」について練習しました。
シュナウザーやトイプードルなど多くの長毛犬種には「スリッカーブラシ」を使用しますが、スリッカーはブラシの中でも使い方を謝るとブラッシング嫌いになりやすいものと言えます。
ポイントはいくつかありますが、大切なことは「力を入れすぎない」、「毛をかき分けて中の毛もしっかりと梳く」、「梳き下すのではなく、手を返して梳き上げるように」の3つ。
とくに力の入れすぎには注意です。あらかじめ犬に当てる前に同じ力で自分の腕に当ててみて痛くないか、傷が着かないか確かめてから行いましょう。

現在ゆうなぎ動物病院では教室受講性募集中です。気になる方はぜひ体験教室を受講してみてくださいね。

2月2日/ショコラくん

ショコラくんの写真

前回に引き続き屋外でのお散歩レッスンを行いました。

今日行ったのは「自発的にこちらを見たことを褒める」というSTEP。
前回の練習からある程度こちらを見れるようになってきていたので、今度は自発的に見たら繰り返し褒めていきます。
散歩中、こちらを見ながら引っ張り続ける犬がいないように、こちらを見る行動は引っ張りの抑制につながります。
また、「自発的な行動」に対して褒められると成長が早いです。
ショコラくんは場所によって集中出来たり、周りの環境が気になってしまったりといった様子です。
こういった何かを教えていく段階では9割方しっかりと出来るまではごほうびは抜かず、また、刺激の多い場所ではより多くするなども大切なポイントです。
細かい部分を言っていくとたくさんポイントはありますが、大きなポイントとしては「引っ張る状況にさせない」、「引っ張らないこと、こちらを見ることを繰り返し褒めること」です。
ショコラくん、次回の訪問レッスンまで頑張ってね!

ページトップへ戻る
Copyright(C) smart dog All Rights Reserved.
inserted by FC2 system